スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)

 殺人や誘拐など凶悪事件の犯人を追うことを使命とする警視庁捜査1課に計15年在籍、第62代課長も務めた久保正行さん(61)が、「君は一流の刑事(デカ)になれ」(東京法令出版)を出版した。久保さんは「刑事魂と捜査のノウハウを伝えられたら」と話している。

 執筆のきっかけは、勇退後に全国の捜査幹部候補者が専門知識を学ぶ「警察大学校特別捜査幹部研修所」の講師になったこと。「自分の経験が読者の頭の片隅に残り、事件解決につながれば」と、次世代の刑事への思いが筆を進めさせた。

 題材は実際の事件。取り上げた中には、いまも悔悟の念を持ち続けている事件もある。

 〈責任は、捜査一課八係長として現場で捜査指揮を執った私にあります〉

 容疑者が逃走後に自殺、被害者の遺体も発見できなかった平成4年の資産家女性失踪(しっそう)事件については、自らの非を率直につづり、詳細に振り返っている。

 「捜査には時効という“壁”があるが、捜査員の心の中に時効はない。犯人を検挙しなければ被害者は浮かばれない。だからこそ、捜査における過ちは繰り返してはいけないということを知ってほしかった」

 未解決の凶悪事件も少なくない。「捜査には街の人々の協力が不可欠。捜査員の真の姿を知ってもらい、警察の応援団になってもらえればうれしい」

 一線を退いてもなお事件解決を求める捜査の“プロ”の姿がかいま見えた。(豊吉広英)

【関連記事】
ギバちゃん、伝説の“人情刑事”に挑戦
誤発表で名誉棄損 警察に33万円賠償命令、松山の少年暴行致死事件
テロに備え APECに向け警視庁が訓練
女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン
ミクシィで高校時代の同級生を脅迫 警視庁が逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<訃報>多田富雄さん76歳=東京大名誉教授(毎日新聞)
<銃刀法違反>容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡(毎日新聞)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
<Rikejo>理系女子を応援 先輩に悩み相談も 携帯、PC、会員誌も 7月から講談社(毎日新聞)
<軽度外傷性脳損傷>厚労省が診断基準作成へ(毎日新聞)
スポンサーサイト

<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)

 石原慎太郎東京都知事が、新党「たちあがれ日本」の発起人として、久々に政治的な注目を浴びた。新党からの参院選出馬は明確に否定したが、一時は知事を辞職して出馬するという意思を固めたという。「このままじゃ死に切れない」と国を憂える石原氏。なぜ今、新党なのか。来春に都知事選を控え、周辺は石原氏の本心を推し量る。【渡辺暖】

 「保守の再生」が課題の石原氏は、このところ民主党への批判を激化させている。6日の全国知事会議では、民主党が永住外国人への参政権付与に前向きなことについて「地方行政が外国人によって左右されかねない仕組みを、(地方分権を推進する)彼らが言い出すのは全くの自己矛盾。危険な提案だ」とこき下ろした。

 10日の「たちあがれ日本」の結党会見では、「都政はいろんな問題を抱え、任期が残っているから、責任だけは果たす。来年が参院選挙なら分かんねえな。血が沸き立っているよ。できるだけのことをやりますよ」と慎太郎節に力を込めた。

 石原氏に近い関係者は「2月までは新党の誘いがあっても乗り気じゃなかったが、3月になって前向きになったようだ」と話す。何があったのか。

 都議会は、09年7月の選挙で民主が国政に先駆けて大勝し、第1党に躍進。石原与党だった自公は過半数割れし、主導権を失った。悲願の16年夏季五輪の招致もかなわず、新銀行東京は経営難に苦しみ再建途上。まさに石原都政は手詰まり感を漂わせていた。

 そこにきて、築地市場の移転問題が再燃。移転反対の民主と一触即発の状況が続き、予算案の修正案を突き付けられそうになったのが3月だ。結局、互いに譲歩して乗り切ったが、先の関係者は「知事はこのころ、本気で辞職することも考えていた」と明かす。

 「東京から日本を変える」が口癖。ある都幹部は「元々都政よりも国政に関心が強かった人。都政でいい材料が見当たらない状況で国政に関心を強めるのは当然の流れでは」と解説する。

 石原氏は「最後のご奉公」と言って3選を果たしており、今期で退くのは既定路線だ。都庁内では「4選出馬の可能性は1割もない」との声も。「(石原知事の下では)攻めの施策は出てこない。次の知事のためにとっておくのが役人」(都幹部)などと、冷ややかな声すらある。

 こんな見方もある。石原氏は新党旗揚げの会見で「私たちは年寄りだが、30代、40代、50代の人間に頑張ってもらいたい」と若い世代の奮起を促した。三男宏高氏は45歳。衆院議員を1期務めたが、昨年の衆院選で落選し、現在は浪人中だ。石原氏周辺からは「新党から比例で宏高氏が出馬することもあり得るのではないか」との声も聞かれる。

 各党は参院選の民意を見定めて都知事選の候補者を擁立することになる。参院選の結果と、知事選の民主党候補者次第では「反民主」を掲げ、4選に名乗りを上げるとの見方もくすぶる。本当にそのつもりかどうか、喜寿の石原知事は最近、やたらと元気がいい。

<雑記帳>オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も-仙谷国家戦略相(時事通信)
がん治療を続け、働くコツを考えるセミナーを5月に開催(医療介護CBニュース)
ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)
普天間 徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)

懲罰委員長に浅野氏内定=自民(時事通信)

 自民党は13日、新党「たちあがれ日本」に参加し参院会派を離脱した藤井孝男懲罰委員長の後任に浅野勝人氏を充てる人事を内定した。14日午前の参院本会議で、藤井氏の辞任了承と併せ、選任される。 

阿久根市長ブログ「カネに汚い例」裁判官批判(読売新聞)
官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)
事故調漏えい、JR西2社員を取り調べ(読売新聞)
「死の赤リング」に備えて...。Xbox 360専用の棺桶
<日産子会社>下請け業者への代金を不当に減額 公取委勧告(毎日新聞)

橋下弁護士事務所に刃物男 銃刀法違反容疑で逮捕(産経新聞)

 7日午後5時35分ごろ、大阪市北区西天満の橋下綜合法律事務所から「トラブルになっている」と110番があった。天満署員が駆けつけると、男性弁護士と話していた自称、高知市の自営業、大久保利賢容疑者(58)が刺し身包丁を隠し持っていたため、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。同事務所は弁護士の橋下徹知事が代表を務めている。

 同署によると、大久保容疑者はタオルを巻いた刃渡り約20センチの刺し身包丁1本を、ズボンの腰の辺りに挟んでいた。大久保容疑者は金銭の貸し借りをめぐって知人男性と民事訴訟になっていると説明。貸した金の返済について相談するため事務所を訪れ、知人の代理人の男性弁護士との面会を求めたという。

 当時、事務所には男性弁護士ら7人がいたが、けがはなかった。

【関連記事】
任命式に国歌斉唱導入、橋下知事「声が小さい!」
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席
橋下知事のテレビ発言訴訟で弁護士らが上告
「教育資金に」 奈良の男性、大阪府立大基金に7500万円寄付
【私も言いたい】タレント知事の功罪 6割強「経歴、メリットなし」 

<殺人容疑>21歳長男を刺した父親逮捕 茨城(毎日新聞)
<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
無給の「ノキ弁」も…弁護士は増えすぎた? 日弁連新会長誕生で議論再燃(産経新聞)
<警察庁長官銃撃事件>アレフが都公安委に苦情申し立て(毎日新聞)
「高齢女性狙った」 ひったくりで中学生3人逮捕(産経新聞)

平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らが新党結成を決めたことに対し、6日午前の閣議後記者会見で閣僚から冷ややかな声が相次いだ。

 亀井静香郵政改革・金融相は「平沼氏は郵政民営化反対で同一歩調を取ってきたし、積極財政派でもあった。(財政規律派の)与謝野氏と逆に近い立場だ。2人が手を組んだことにちょっとキョトンとしている」と疑問を口にした。自民党からの議員流出については「ふるさとがここまで荒涼たる状況になるのは寂しい」と述べた。

 菅直人副総理・財務相も「与謝野氏は比較的リベラルだが平沼氏はリベラルとは違う路線だ。郵政(改革)でもかなり立場が違う。違った政治的スタンスの2人が一緒になるのはかなり大変だろう」と路線の不一致を指摘。千葉景子法相も「どのようなことを目指して活動をするかがよく分からない」とした。

 他の閣僚も「感想はない。ああ、そうかという程度の話だ」(仙谷由人国家戦略担当相)、「興味も関心もない」(枝野幸男行政刷新担当相)、「期待していない」(前原誠司国土交通相)と冷ややか。

 ただ、小沢鋭仁環境相は「民主党の票を削り取っていく役割は大きい。参院選での(同党の)単独過半数を阻止するには極めて有効で脅威だ」と強い危機感を表明。北沢俊美防衛相は「大変厳しい道のりだが、決断されたことだから成功を祈る」と“エール”を送った。

【関連記事】
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
新党 二枚看板協調カギ 邦夫氏・鴻池氏見送り
「平沼新党」は邦夫氏外す 与謝野氏が譲歩
平沼・与謝野氏の新党名、4候補に絞り込む
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

興南指笛♪応援に味 甲子園アルプス「画一化」の中…(産経新聞)
増え続けるDV被害 「自分はダメ人間。私のせい…」 被害意識なく気付かず(産経新聞)
参院選公約、消費増税前面に=両院懇で意見-自民(時事通信)
普天間移設 仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で(毎日新聞)
<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)

原中氏当選、民主は歓迎=自民、参院選への影響懸念-日医会長選(時事通信)

 日本医師会で民主党支持を掲げる原中勝征氏が新会長に決まったことについて、民主党は「参院選に向けてプラス材料になる」(幹部)と歓迎した。一方、日医の支援を受けてきた自民党からは参院選への悪影響を懸念する声が上がった。
 民主党の高嶋良充参院幹事長は党本部で記者団に「これから医師会の協力をいただきながら、より良い医療政策を実現していけると期待している」と表明。別の党幹部は「参院選に大きな力になる。自民党支持団体を切り崩す小沢一郎幹事長の戦略が奏功した」と語った。
 一方、自民党には落胆が広がった。ベテラン議員の一人は「各都道府県の医師会の対応はばらばらだ。日医全体が民主支持で統一されるわけではない」と語ったが、「最も頼りにしていた団体の一つだから影響は大きい」と懸念する声が出ている。
 「会長選には、政策だけでなく組織内の権力闘争も影響したのだろう」(閣僚経験者)との見方もある。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<医療事故>手術器具、腹部に2週間置き忘れ 京都の病院(毎日新聞)
<石巻3人殺傷>元解体工の少年らを家裁へ送致 逆送求める(毎日新聞)
初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
参院選候補の三橋氏殺害を予告 2ちゃん書き込みの男を任意聴取 警視庁(産経新聞)
死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。